10月の公民館講座の作製クラフトは「バスボム」(発泡入浴剤)でした。

たくさんの本に、様々なレシピで載っているこのクラフト。

どれを見ても、材料が少ないだけに、簡単そうに掲載されていますが…

入浴する少し前に作って、すぐ使用するなら、問題なくレシピ通りでOKですが、

実はとても繊細なクラフトで、湿度や材料(水分として使用する基材の違い)によって量も変わり…。

乾燥させている間に、気付くと「発泡」なんてことが結構あります。

実は、私もコツを覚えるまでは…^_^;



子供と一緒に、お休みの日にたくさん作って楽しむ、とか

お友達に、かわいい型で作ってプレゼントしたい…となると。

一番のおすすめは無水エタノールを使用したレシピですが、エタノール過敏の方も意外と多いので、

今回は、別レシピで遮断剤も入れて作製してみました。

皆さんの作品、写真を撮ったのですが、なぜか数枚保存されていなかったので、

数名の方の作品をupします。

夜の部の方たち、皆さんでお互いの作製したものシェアして、カラフルにお持ち帰りしました(^^)

同じ色を使用しても、入れる量の微妙な違いで、結構かわります。

fc2_2013-10-11_11-21-51-005.jpg
fc2_2013-10-11_11-22-38-398.jpg
fc2_2013-10-11_11-23-39-826.jpg

今回の講座では、実際にお湯に入れて発泡の具合をみる実験もしてみました。

作製途中に発泡が始まってしまったキメの荒い硬いものや、

市販品のようにキメの細かい、が崩れやすい仕上がりのもの、

そして、雪玉のように作り、中におもちゃを仕込んだもの。

明らかな発泡の違い、皆さんにも楽しんでいただけたようです。




そして、今回は先日の「クロモジ山と蒸留見学ツアー」の際に、いただいてきた

「レモングラス」の蒸留水の嗅ぎ比べ。

fc2_2013-10-11_12-06-26-940.jpg

以前、蒸留順によって香りも成分が違うということを、イランイランの精油を講座で使用した際に、
「エクストラ」「ファースト」…と、お話したことがあるのですが、
今回、実際にレモングラスの蒸留水ででそれを体感してもらうことができました。



そして、来月からスタートする「手作り石けん教室」。

後日、詳細ブログにupしますが、一足先にHP⇓の「スクール」にスケジュールを載せました。

自宅スクールにて開催のため、募集定員も少ないです。

既にお申し込みもいただいておりますので、ご興味のある方はお早めにお問い合わせ・お申込みください。



最後までお読みいただきありがとうございました



アロマプライベートサロン&スクール
Bernadetteベルナデッタ
主宰 沼内美加子


サロンHPはこちら
スポンサーサイト

野菜せっけん

バスボム

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。