以前から考えていた「香り袋」。
折り紙で、高齢者の方が、簡単でかつリハビリにもなりそうな袋の折り方をいろいろ探していました。

候補は数点。

折鶴付袋(これは、かなり高度で細かい作業。却下・・・)
袋前に左右対称の切図があるタイプ(超簡単。簡単すぎるかも?)
風車タイプのもの(夫も私も一押し。でも、香りのコットンを入れると安定感が…泣く泣く却下)
そして、お守り型(折り方は簡単だけど、たくさん折る回数があって◎。見た目シンプル過ぎ、候補からはずしていました…が、仕上がり見た目は一番良い感じ)

ということで、このお守りタイプで見本を数点作ってみました。

fc2_2013-11-05_21-34-36-562.jpg

三枚重ねのコットンに、精油を1滴。

とてもとてもいい塩梅に香ってくれます(^^)v


そして、今月の公民館講座「アロマワックス(クリスマスオーナメント)」試作。

義父の庭やウチの庭からヒイラギやモミ。
山歩きした際に拾ってきた小さな松ぼっくり。
クリスマスのスパイスに欠かせないシナモンスティック。
(クローブ)も準備したかったけど、とりあえずあるもので試作開始。
これらを地元産みつろうベースにデコレーションしていきます。


fc2_2013-11-05_21-20-14-584.jpg

単品のオーナメントにするか、画像のような仕上がりにするかはお好みで選んでもらおうと思います。

精油は「オレンジスイート1滴」のみでしたが、モミとシナモンの香りと良い感じにブレンドされ、クリスマスっぽい~

お星さまの型は、バラの花のように、単色でシンプルに作ったほうがかわいいかも(^_^;)

今月の公民館講座、お楽しみに♪



最後までお読みいただきありがとうございました



アロマプライベートサロン&スクール
Bernadetteベルナデッタ
主宰 沼内美加子


サロンHPはこちら




スポンサーサイト

札幌セミナー

今日は・・・

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。