12月22日は冬至。

冬至といえば「かぼちゃ」と「ゆず湯」

とうことで、12月12日の公民館講座のアロマクラフトは「バスソルト」…かぼちゃは作りません(笑)

そして、バスソルトにハーブ「マロウ」を使った色付け。

クエン酸と重曹を使って三色作ってみました

fc2_2013-12-13_21-30-50-457.jpg

お塩に混ぜる色水の量で、濃淡が出るので、午前の部と夜の部とでも違い、
また、出来上がったお塩にお好みでハーブもトッピング。

色とハーブ、そして精油の組み合わせもそれぞれですから、オリジナリティあふれるクラフトとなりました。

午前の部の方々の作品。
fc2_2013-12-13_21-42-20-388.jpg

夜の部の方々の作品。
fc2_2013-12-13_21-35-32-176.jpg


そしてそして、今回の精油。

すべて国産精油を選んでみました。

「ゆず湯」ですから、柑橘類の精油を6種類。
伊予かん、甘夏、紅まどんな、みかん、レモン、ゆず。

また、青森のクロモジと他県のクロモジの嗅ぎ比べ。

更に、七戸産ラベンダーと青森ヒバ。

他に、先月のセミナーでとても気に入り購入した四万十のしょうが精油と、超高級精油「ニオイコブシ」も


先月、重松先生のジャパニーズアロマセミナーに参加し、その時のスメリングの方法。。。

自分で考える力?というか、精油と自分の感覚に向き合う感じがとても新鮮だったので、皆さんにも少しだけ体験していただこうかと。


楽しんでいただけたでしょうか?


そして、皆さんの今回の精油に対する反応、とても興味深いものでした。

過去の公民館講座で使用してきた精油の9割以上は海外の産地のもの。

皆さんに試香してもらうと、好き嫌いが結構はっきり出ていました。

でも今回、直感でつけていただいた「好感度」は、皆さんどれ一つとして「×」をつけなかったこと。


それから、七戸産のラベンダー精油について。

皆さん同様に「今まで嗅いだラベンダーの中で、これが一番!!」と。

更に「今まであまりラベンダー好きではなかった」方までも

「このラベンダーは好きです!」とお話していました。



クロモジ嗅ぎ比べでも、青森産が「好き!」という方のほうが非常に多かったです。


これらのことことからも、

海外産でなく国産、そして県内産。

身土不二…

「人と土は一体である。人の命と健康は食べ物で支えられ、食べ物は土が育てる。故に、人の命と健康はその土と共にある」

食べ物ではありませんが、

「人と土は一体である」

「人の命と健康はその土と共にある」


と感じたのでした。





最後までお読みいただきありがとうございました



アロマプライベートサロン&スクール
Bernadetteベルナデッタ
主宰 沼内美加子


サロンHPはこちら

スポンサーサイト

甘酒で・・・

オレンジポマンダー

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。