FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年末、あおもりアロマ研究会の反省会&忘年会で大多数の意見にあった「七戸ラベンダー畑見学」

おそらく皆さんが見学したいと思われているのは、花盛りのラベンダー畑

しかし、その時期は生産者さんにとっては、一年のうちで最も繁忙な一週間でもあり

ラベンダー畑に一番近く、松本さんと面識のある私が幹事を引き受けましたが、

大人数で訪問することが想定されましたので、花盛りの繁忙時期を避け、つぼみの固い時期にお邪魔しようかと、とりあえず松本さんにお話ししました。

すると、収穫前の時期の訪問を快諾してくださったのです!

この企画の日程を、松本さん、根井さんと決めたのは実は3月の事。

「例年」の収穫時期から日程を決めたわけですが・・・今年のこの異常気象

「ラベンダーの収穫は、例年気温による大きな差はないから大丈夫」と松本さんから聞いていましたが、

昨年松本さんの畑からやってきたラベンダー姉妹が次々に開花し

松本さんに連絡したところ、やはり今年はずいぶん早いとのこと

当初の計画から日程を1週間早めたわけです。

しかし、見学会数日前に連絡したところ、さらに収穫が早まりそうで、見学会当日も収穫日にあたるとのこと。



夜の間にエネルギーを蓄え、香りの一番良い時間に収穫することを徹底している松本さんは、

朝の3~4時から収穫をはじめ、そして夜遅い時間まで、その日収穫したラベンダーをすべて蒸留しています。



そんな繁忙期真っ只中にお邪魔することになるなんてっ


申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、松本さんは皆さんの質問に丁寧に答えてくださり、

さらに、その日の朝収穫し蒸留したての精油と、まだ温もりのある芳香蒸留水を持ってきてくださいました

今年の精油は、寒暖の差が激しかったので、とても良いものが採れそうだと、松本さんが話しておりましたが

熟成後の香りが楽しみな香りでした!!


さらにさらに、貴重な精油になる株の一つを、私たち参加者に収穫体験とその刈り取ったラベンダーをお土産に持たせてくださいました


松本さんのラベンダー精油ファンは、毎年毎年着々と増え続けていて、今回の参加者もほとんどがそういう方。

ですから、ラベンダーの鎮静効果とは裏腹に、皆さんテンションupup

帰宅後、松本さんへお礼のメールを送ったところ、

「畑に興味を持ってくれる方の多さに驚き、とても感謝の気持ちでいっぱいです。」とのお返事

本当に・・・食材に関しても、安心・安全を考えたとき、どのような方がどのように作っているのか、生産者さんの顔がわかることが
当たり前になりつつありますが、精油もまた同様なのだと感じています。

今回、ご自分自身で見て聞いて感動している方たちをみて、これから先も参加できない方々のためにも、あおもりアロマの素晴らしさを伝える活動を継続していこうと改めて感じたのでした



そして、午後からのローズカントリー!

やっぱりアロマのお勉強ですもの。

品種ごとに嗅ぎまくり

しかし・・・香りを彷彿させるネーミングのバラにかぎってあまり香らないという・・・

バラ園に行って、一番印象に残ったのは・・・バラではなく「バイカウツギ」でした

それは甘いフルーティーな香りで~


普段、私の講座に参加してくださっているみなさんと一緒に、楽しい時間を過ごすことが出来ました


そして、十和田到着後、一緒に行った皆さんと急きょ講座番外編「ラベンダースティック作り」

新鮮なうちにしか作れないクラフトですから、本当に今の時期だけです。

1本目は難しく感じたかもしれませんが、2本目からはきっとコツがつかめるようになるでしょう


長々と・・・最後までお読みいただき、ありがとうございました
スポンサーサイト

ご報告・・・

十和田緩和ケアセミナー

comment iconコメント ( -2 )

Re: No title

「uさん」お返事遅くなりました(^_^;)

収穫のお手伝いは、いつも同じ方にお願いをされているそうで、翌年の花の状態に関わる大事なお仕事だということを考えると、なかなか難しいことのように感じます(^_^;)
でも、収穫以外の作業・・・株の手入れを兼ねた草取りなど、お手伝いできそうなことはたくさんありますから、機会があれば松本さんにお願いしたいと思っていますよ(^^)

名前: n.mika [Edit] 2015-07-10 00:02

No title

参加できず残念でした。。。

みなさまの
熱意
十分伝わってきました。

松本さんの収穫
一度はお手伝いしてみたいです。

あしでまといで
ないのでしたら。

名前: u [Edit] 2015-06-29 20:24

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。